現地予約より割安

予約は出国前に日本国内から行う方が割安な場合が多くあります。ドル建てで出国前予約(代理店を通さず直接予約)することで割安で予約が可能です。

また、海外で直接借りる場合は、表示料金に保険などのオプションが含まれないケースがほとんどなので、現地でスムーズにレンタカーを利用したい場合は、日本で予約してから行く方がスムーズでしょう。

万一の場合の日本語対応

万が一事故が起きてしまった場合に、日本語ですぐに対応可能な番号が準備されていると安心です。

国によって、事故が起きた場合の対処方法や、警察での処理など、日本とは異なった対応が必要となります。

また、事故でないようなトラブル(カギの閉じ込めや、パンク、バッテリー上がり、ガス欠)の場合も、日本語対応の窓口があると安心です。

日本語対応窓口のあるダラーレンタカー

対応車種の多さ

国内でのレンタカーと異なり、海外旅行でレンタカーを借りる場合、荷物の量や行き先、搭乗人数等を考えて、様々なタイプの車種から選べる会社がおススメです。

コンパクトカー、ミニバン、オープンカー、ジープ、など車種選択の幅が広いと、様々なスタイルに合わせて最適な車を選べます。

海外でレンタカーを借りる際に、チェックしておきたいポイント

 

クレジットカードを持ってますか?

本人名義の国際クレジットカードを持っていない場合、現地で車の貸し出しができないことがあるので注意しましょう。

年齢は大丈夫ですか?

最低利用年齢制限と言うのがあり、25歳以下の方では別途料金が発生したり、レンタルが出来ない場合があるので注意しましょう。 国により違いがあるので、予約の際に必ず確認しましょう。ちなみに、アメリカとグアムは21歳で、カナダ・イギリス・フランスなどは25歳です。

国際免許証が必要か?

国によっては、運転者名義の日本の免許証と国際免許証の両方が必要になることもあるので注意しましょう。 ちなみに、ハワイ・グアム・サイパンでは、日本の免許証で運転できます。

レンタカーの支払い方法については?

出発前に日本円で支払う日本払いやクレジットカードで支払う現地払いがあります。 レンタカー会社により違うので、支払方法については事前に確認しましょう。

保険や補償は大丈夫ですか?

万が一の時のことを考えて、保険や補償が料金に含まれているか、保険や補償内容がどの様になっているかを確認しましょう。

アメリカレンタカー

 


ホーム